透湿防水シートと通気工法で長持ちする家に - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


透湿防水シートと通気工法で長持ちする家に

外壁の構造用合板が張り終わって、アルミサッシの取り付け
が終わると透湿防水シートを張ります。

透湿防水シート.jpg


透湿防水シートはその名の通り湿気を吐き出す呼吸する素材ですが
雨水の侵入は防ぎます。


外壁仕上げが窯業系サイディングの場合透湿防水シートを使用します。


このシートとサイディングの間には通気層を15mm以上設けます。


空気が通うことで結露しません。


壁の中が湿気たり結露すると木材が腐りやすくなったり、断熱性能も低下します。


シートの重ね合わせ長さや破れがないかなどをチエックしました。


仕上げの壁材を貼ってしまうと見えなくなるので、大切な部分です。



工務店まかせでは無く、

住まわれる方の立場で工事が適切に行われているかチエックしてもらえる

設計事務所に依頼されると安心です。




無料プレゼント!


無料プランサービス2.gif



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます