ロフトのある家 構造自主検査 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


ロフトのある家 構造自主検査

姫路市のロフトのある家は、棟上げ後筋交いや金物の取り付けが
終わり、中間検査申請前に構造検査を行いました。


床組はマス目状に組まれた上に分厚い構造用合板を留めつけた剛性床組です。

剛床.jpg

小根太打ちの床よりも地震に強い建物になります。


柱脚・柱頭の金物がN値計算のとおり取り付けてあるか確認しました。

金物取り付け状況.jpg


適切な金物の使用は地震で柱が引き抜ける事がありません。


柱・土台・大引など ヒノキの無垢材で、素材そのものに防虫・防腐・耐久性があります。




筋交いの位置や取り付け状況の確認

すじかい金物.jpg


地震力・風圧力に対して必要な耐力壁の計算をして基準値以上の耐力を
確保しています。



小屋火打の位置取り付け状況の確認
小屋火打.jpg

小屋組みの振れ止めの状況検査

小屋組み.jpg

床下断熱材の施工状況
床下.jpg



断熱性能等級4基準を上回る高性能の断熱材を土台据付と同時に施工しています。




などなど、の検査の他、現場の大工さんと詳細部分の打ち合わせもしました。


私自身が検査員ですが

住宅瑕疵保険の躯体検査と建築基準法の中間検査を第三者にあらためて
していただきます。


完成すると見えなくなる構造部分って重要です。


施工者まかせでは無く、建築主に代わって、適切に工事が行われているか
チエックしてもらえる設計事務所が必要です。


公共建築物はすべて、設計者と施工者を別々にしています。



無料メルマガ3.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます