魔法瓶のような屋根断熱の家 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


魔法瓶のような屋根断熱の家


姫路市の木造注文住宅の断熱工事の様子です。

屋根断熱.jpg


通常、断熱材は天井のすぐ裏側に敷きこまれます。


写真は天井が水平でも、屋根面に断熱材を全て施工しています。


魔法瓶のような断熱設計です。


天井よりも上から見た写真です。 ↓

屋根断熱1.jpg


天井裏に断熱材を施した方が妻壁部分の断熱材が省略でき、

断熱材の数量も少なくて済むので一般的には天井裏に施工されますが

天井裏に夏熱い空気が一旦溜まると、夜になってもいつまでも暑いです。



冬は冷たい空気が天井裏に常時ありますね。


屋根断熱にする事で、魔法瓶のようにお家全体をすっぽりと覆う事で夏涼しく、冬暖かいお家になります。



結果、冷暖房費コストがローコストになりますね。



断熱材はどれでも良いわけでは無く、断熱性能の良い物を使用しなければ効果がありません。


今でも10K 50mm の断熱材を使っている建築会社がありますが
それでは断熱性能が悪いです。



断熱性能↓
屋根断熱2.jpg


次世代省エネ基準適合品の16K 100mm 厚製品です。

屋根断熱3.jpg



ダウンジャケットを何枚も着たような暖かさです。


断熱性能は、床・壁・屋根の断熱材の性能だけでなく、窓枠、窓ガラスの種類
通気の有無等トータルで計算して確かめる必要があります。



審査機関に省エネ適合申請書を提出して

住宅性能表示制度に基づく省エネ最高ランク等級4をクリアしている
省エネ適合証をもらっています。



夏涼しく冬暖かいお家をつくりませんか?



無料プランサービス1.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます