土台下換気工法の家 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


土台下換気工法の家


床下って湿気がこもりやすい場所ですよね。


古いお家の床が腐って歩くとフニャフニャとしているのがよくありますね。


床下の湿気で床が腐ってる為です。



弊所では基礎は床下全面防湿シートの上に鉄筋コンクリートのベタ基礎

で設計していますので地面からの湿気は遮断する構造です。



ベタ基礎.jpg



さらに床下換気は全周換気できる土台下通気工法です。



耐水性・防虫・防腐性能の高い無垢のヒノキの土台の下に通気パッキンを全部施しています。


ヒノキはひのき風呂でも有名でいい香りもしますね。



土台と基礎コンクリートの間に黒く見える部分が通気層です。↓

桧の土台と柱.jpg


細かな通気穴なので鼠の侵入の心配もありません。


現在でも四角い床下換気口で施工されている会社がありますね ↓

床下換気口.jpg


基礎を切り欠いているのでひび割れが生じている他、
樹脂の換気口を鼠がかじって穴を開けて出入りしています。


所々しか換気口が無いので、床下の隅の方は湿気が淀みます。



それでは床が早く腐ってしまいますね。



土台下通気工法にすると基礎コンクリートと土台が接し無いので土台が湿気で腐りません。



全周換気で湿気がこもらないだけでなく基礎を切り欠かないので基礎強度が保てます。


土台下通気パッキンの強度は木材の3倍以上で高性能住宅の床下換気工法として認められています。



安かろう悪かろうの家は早く修理や建て替えが必要になりますが

長持ちする家は結果ライフサイクルコストがローコストになります。



メールセミナー2.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます