竿縁吹き寄せ天井 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから

ホームページはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


竿縁吹き寄せ天井

相生市の平屋住宅の床の間の天井の様子です。



床の間天井.jpg


天井は竿縁吹き寄せ天井です。


横に入っている竿が2本並んでいる状態を吹き寄せと呼んでいます。




本格和室の天井には、敷目天井や竿縁天井、船底天井・格天井 等があります。


古来から格式ある和室に用いられてきました。




天井板は印刷技術の向上で本物の様に見えるラミネート天井板もありますが

お客様のこだわりで、本物の杉板を薄くスライスした物を表面に張り付けた

物にしています。





杉板の杢目にもいろいろありますが、お客様に好みの杢目のものを選んで
頂きました。


柾目の天井板もあります。




床の間の壁の上部に見えるのは雲板と呼んでいます。


これも節の無い銘木です。




無垢材を使った本格和室ってその材料価格がアップします。



とこ柱は北山杉の絞り丸太、室内に見える柱は天然木のヒノキの無節です。


節のある柱に比べて価格は高いです。





本格和室の造作は腕のいい大工さんで無いとできません。


経験も必要です。


そんな理由で本格和室のある家って少なくなりましたが、


新庄一級綜合建築設計では

伝統的な本格和室を希望されるお客様のご要望にも対応しています。




都会的なシンプルモダンな住宅から、本格和風住宅まで幅広く設計しています。




無料プランボタン3.gif








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます