建築予定土地選びのご相談 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから

ホームページはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


建築予定土地選びのご相談

岡山県のN様は新規に土地を購入して住宅を建てる計画のお客様でした。


お客様から 

「2つの候補地があるんですが、購入前にどちらが良いか検討して欲しいです」

とのご相談を受けました。



一つは既存集落内にポツンと一つだけある土地

もう一つは数区画ある新たに宅地造成された土地でした。



私はそれぞれ都市計画や道路などを調べる他

ハザードマップで災害危険区域に指定されていないかも調査しました。




ハザードマップとは、災害の危険度を地図上に表したものであり、地域のおける災害に対する備えの強化、
住民の災害時の避難や危険回避などの自主的な行動を支援することを目的に作成されたものです。


ハザードマップには、地震災害、水害、土砂災害などを対象としたものがあり、避難行動時の活用、災害学習、
防災情報の整理などの活用目的に応じて利用されます。


岡山県ハザードマップはこちらからご覧になれます。↓

http://www.pref.okayama.jp/page/detail-27327.html

土砂災害の警戒区域や浸水想定区域などが記載されています。



以前に兵庫県のお客様が

「不動産業者から安い土地を紹介してもらっているので

そこで建築しようと考えています。」


と話されたのですが


調べると土石流の警戒区域でした。


その事を私が話すまでお客様は何も知らずにおられたのですが

危険な場所での土地購入を辞めて、別の土地にされました。




今回はどちらも安全な土地でしたが、


若い御夫婦で小さな子供さんがおられる家族でしたので

既存の集落にポッンと1区画ある土地よりも新たに造成され

数区画ある土地の方が近所付き合いもスムーズに行え

そこで建築される方も同年代の方が想定されるので

お勧めしました。



弊所は土地にプランを当てはめるだけが仕事ではありません。


検討している土地を買っても大丈夫だろうか等のご相談にも対応しています。



実際に私が検討されている土地を見に行ってお客様に報告させて頂きました。



実は私は以前分譲住宅も手がける住宅会社に勤めていた頃、

土地の仕入れ担当をしていた事があります。



大きな土地を購入して、道路を新たにつけて数区画に分割して販売計画を

する仕事で、

特に土地調査は重要で、お客様にお勧めできる土地でなければなりませんでした。



土地購入前のご相談もどうぞ !


お問い合わせボタン5.gif










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます