貸駐車場で宅地を活用 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


使いやすい貸駐車場になりました

駐車場って狭くて乗り降りしにくい場合もありますね。

又車の出入りが狭くて切り返しを何度かしなければいけない場合もあります。


こちらの宅地は間口9mで駐車スペース5mを取ると残り4mが通路となります。

4mの通路だと駐車区画が狭いと1回で車が出ません。


駐車場2.jpg

そこでライン間隔を3mにしています。


試して見ましたが車のドアをいっぱい開けても大丈夫。

又隣の車とのあいだが空いているのでスムーズに出入りできました。



車止めはアンカー施工で頑丈に取り付け反射板付きなので夜間も見やすいです。


駐車場.jpg

車止めと隣地の塀までは1m 開けています。


広い宅地の有効活用に貸駐車場っていいですね。

お家の方もたいへんよろばれています。




新庄一級綜合建築設計は建物の設計だけでなく、宅地造成工事や
外構工事の設計もしています。





お問い合わせ2.gif





駐車場アスファルト舗装完了

広い宅地の有効活用として貸駐車場を計画していましたが

アスファルト舗装が完了しました。

駐車場5.jpg

あいにくの雨ですが、雨の日の方が水たまりができていないか

確認できてよかったです。



駐車場4.jpg


アスファルト舗装に緩やかな勾配を付けているので
水たまりもなく良好です。


アスファルト舗装すると雨の日も、ベタベタせずに車が汚れず
歩くときにもいいですね




無料メルマガ3.gif



駐車場仕上がり高さに給排水枡を

既存宅地内には下水排水枡や水道メーターボックスなどが入っています。


今回アスファルト舗装をするので埋まってしまわないように仕上がり
高さに合わせました。



公共下水枡 ↓

駐車場工事2.jpg

住宅までにある汚水枡↓

駐車場工事4.jpg


路盤の厚さ10センチ、アスファルトの厚み5センチと雨水の勾配を計算して

それぞれかさ上げ工事をしました。


公道から緩やかな勾配で駐車場に入れるようにしています。



無料資料請求3.gif



駐車場の雨水排水対策

この宅地は水路や道路側溝に接していない敷地です。

現在雨水はそのまま敷地内に浸透するようになっています。


広い土の庭だと自然に雨水が浸透しやすいですが、今回貸駐車場部分は
アスファルト舗装をします。


そこで雨水対策として計画したのがこちらです ↓


駐車場工事3.jpg

30センチほどの巾で砕石を詰めた部分を設けました。

駐車場工事7.jpg

駐車場を緩やかな勾配を取って雨水をこの部分に集めて浸透させます。


舗装側には車道と歩道を区分する時に使われる縁石ブロックを設置しました。



一番奥側に車の方向転換場所も縁石を設置しています。


駐車場工事5.jpg


駐車場工事6.jpg


舗装部分と土のまま残す部分の見切りにもなります。



新庄一級綜合建築設計は建物の設計だけでなく、宅地造成工事や外構の設計
もしています。



お問い合わせ2.gif





不要な倉庫を解体して貸駐車場に

倉庫の中にあった物や敷地内の不要な物を撤去したあと
既存倉庫の解体をしました。


事前に近隣挨拶や、解体届けを提出しています。


解体後 ↓

駐車場工事解体後.jpg


駐車場工事解体後1.jpg


既存の倉庫や敷地内の物がなくなるとずいぶん広く感じます。


間口は9mほどですが奥行は45mくらいあります。


この敷地で駐車台数は16台を計画しています。


不要な倉庫や敷地内の物を片付けると土地の有効活用ができますね。






メールセミナー2.gif










既存倉庫解体前に簡易物置を設置

敷地内にある既存の倉庫の中の物や敷地内の不要な物をすべて

専門業者さんで処分してもらいますが、一部必要な物も

あるので簡易物置を設置しました。


敷地の奥側にある住宅の横に簡易物置を設置します。


設置する部分を整地 ↓

物置整地.jpg

物置設置完了 ↓

物置設置.jpg


組み立て式の物置はすぐできて、戸締りもしっかりできて安心ですね。

サイズも色々あるので収納する物の量に合わせられます。



既存の物置の中の必要な物を移動収納して頂きます


もう一つ電気の引き込みが解体する倉庫に引き込まれてメーター
も解体予定の建物についているので新たに電気の引き込みをやり直します



電柱から住宅までの距離が50m以上あるので中間点に引き込みポールを
新設しました。



住宅に住まわれているので、停電時間が長くならないように
あらかじめ引き込みポールまで配線をしてつなぎかえの時間だけで
済むように計画しています。



無料メルマガ3.gif




貸駐車場計画で現地確認

奥に長い宅地の一部を貸駐車場にしたいとご相談があり
現地を確認しました。


公道に面している敷地の間口は9mほどで一番奥側に住宅があります。


手前には倉庫が2棟ありました。

倉庫1.jpg


電気の引き込みは電柱から道路側にある倉庫に引き込まれて
一番奥にある住宅につながっています。


倉庫3.jpg

倉庫の中はいっぱい

倉庫4.jpg

敷地内もいろんな物がいっぱいでした。

倉庫5.jpg

不要な物ばかりだそうです。

動かない車やバイク・の他にボート等も敷地内にあって敷地が狭くなってました。


倉庫2.jpg

なぜこんなに物があるのか?

敷地の測量をして貸駐車場計の設計をする事にしました。



無料プランサービス1.gif


Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます