ロフトのある省エネ住宅 - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


太陽光発電の家 姫路

姫路市の注文住宅は太陽光発電の家です

ソーラーの家.jpg

屋根の上にソーラーパネルを設置していますが道路からは見えません。


片流れの屋根形状にすると太陽光発電のパネルがたくさん置けます。


南向きに下がった屋根勾配なので発電効率もいいです。



電気代が少なく済むだけでなく

発電した電気を売れるので初期費用の回収もできますね。



省エネ住宅は最初の建築費用は設備機器の費用等がかかりますが

長い目で見ると電気代等のランニングコストが少なくて済む他

快適に過ごせます。



ご予算に応じてソーラーパネルの設置枚数等を調整する事もできます。



無料プランサービス1.gif




ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。


ナチュラルな目隠しフェンス

新庄一級綜合建築設計では外構工事の設計も建物の設計と合わせてしています。

ブロック塀を高く積むと地震で倒壊の心配がありますね。

又、ブロック塀だと風通しがよくないです。



そこでブロック塀は5段積みとしてその上に木の様に見えるフェンスを計画しました。


隣との境は普通ブロックでコストダウンしています。↓

フェンス2.jpg


道路側はリーズナブルな化粧ブロックとフェンスにしました。↓
フェンス1.jpg

道路側や隣地からの視線を遮る事ができます。


軽量で腐らず塗装等のメンテナンス不要で風通しがいいです。


花の鉢等を引っ掛けて楽しむ事もできますね。


外構工事も建物工事と一緒に設計して見積し、全体の予算計画をしています。



無料メルマガ3.gif




ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

駐車場土間コンクリート工事

姫路市の注文住宅は車が4台止められるスペースを計画しました。

来客者の駐車スペースもあると助かりますよね。


駐車場のコンクリート下地工事の様子です。

駐車場4.jpg


整地してワイヤーメッシュを敷き込んで一部コンクリート無しにするため
型枠を入れています。


駐車場.jpg


コンクリート打設後型枠を外して白い石を入れました。

駐車土間.jpg


駐車場の区画替わりにオシャレになりました。


道路側の側溝に雨水が流れるように緩やかに勾配をつけています。


カーポートも同時に施工しました。



無料メールセミナー.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

室内郵便受け

ポストって門や塀の屋外に取り付けられるのが多いですよね。

でもこちらのお家では郵便物は屋内に投函されます。


玄関ポーチ横の外壁にポストを設置しました。

ポスト1.jpg


郵便物は玄関横にある土間収納の室内側の可動棚部分に入ります。

ポスト.jpg



外まで郵便物を取りに行かなくて済みます。

雨に濡れる事もありません。

ラクチンですよね。


あなたのお家でもいかがでしょう。



無料プランサービス1.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。



漆喰壁の寝室

姫路市の注文住宅I様邸は自分で漆喰壁とタイルカーペットを施工されました。

寝室2部屋ともDIYです。

姫路寝室1.jpg


姫路寝室2.jpg


きれいに塗られています。



漆喰壁はクリーム色のものをご自分で購入され、コテなどの道具も自分で用意されました。



タイルカーペットは50cm角の物を交互に敷き詰めていきますが、最後に半端を部屋の

大きさに合わせてカットするのが少し難しいです。


タイルカーペットは1枚300円程度でホームセンターで購入できます。


汚れたら1枚だけ洗ったり交換する事もできますね。

冬裸足でも足が冷たくなくホテルの様な高級感もあります。



建築工事は材料代よりも職人さんの手間賃が高いですが

自分で家づくりの一部をすると、その分安くできます


自分で創る楽しみはお金では買えません。


ハウスメーカーでは会社の利益が無いので嫌がりますが、

新庄一級綜合建築設計はDIYを応援しています。




無料メールセミナー.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。


ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットの様子です。

クローゼット3.jpg

スペースは2帖ですが両側に洋服をかけられるようにしています。


棚があるので箱モノも置けます。

クローゼット2.jpg


床のタイルカーペットや壁の漆喰塗はご自分で施工されました。




自分の家の一部を自分ですると安くて良い家ができます。



創る楽しみや出来上がったときの嬉しさも味わえますよね。



建築家と一緒に家づくりを楽しみませんか?



無料メルマガ3.gif




ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

室内自転車置き場

姫路市のI様は趣味の自転車を2台持たれています。


普通の自転車よりもいい物です。


プラン段階で室内に自転車の置ける場所を希望されましたので、

3帖スペースの土間収納を設けました。


土間収納1.jpg

ダークなタイルと桐の合板貼りの壁で仕上げています。

自転車を壁にぶつけても大丈夫です。


土間収納2.jpg


可動棚を設置しました。


棚の高さは自由に変えられます。


自転車用品の他・釣り用品・BBQ用品・ゴルフ用品などアウトドアの収納
にも使えます。



ハウスメーカーの規格プラン集にはありませんね。


自由設計であなたの理想のお家ができます。




無料プランサービス1.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。


ゆとりのある洗面脱衣室

洗面・脱衣・洗濯が1室のプランが多いですが、狭苦しいのって嫌ですよね。


通常2帖程のスペースですがもう一帖増やして3帖スペースにすると
ずいぶんゆったりとした感じになります。


収納たっぷりの可動棚を設けました。

洗面3.jpg


扉の無い棚だけにすると安くできます。

バスケットなどを購入して並べれはきれいに整頓できますね。


洗面4.jpg


洗面台の下側が有効に使えるタイプを選ばれました。

洗面5.jpg


浴室入口側が洗濯機置き場になります。

お風呂の残り湯利用もできます。



少し広めの洗面脱衣室を計画してみませんか?


無料メルマガ3.gif




ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。



自由に選べるシステムバス

姫路市注文住宅I様邸の浴室の様子です。

浴室2.jpg


浴室3.jpg


浴室は現場作り付けよりもシステムバスの方がお勧めです。


水漏れの心配が無く2階の浴室もよく設計しています。


冷たく無い床・暖房換気乾燥機付きで洗濯物も乾かせます。



規格住宅の場合標準仕様が定められていいて、別の物を希望すると

追加費用が必要になりますが



閉所ではどのメーカーでも選んで頂けます。

サイズや色柄・アイテム等も自由です。


お勧め広さは1616サイズ以上です。


ゆったり広々とお風呂に入れます。



無料プランサービス1.gif




ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

リーズナブルな便器

便器の種類にもいろいろあります。

タンクレスの便器・タンク付きの便器・手洗器付きの便器 など

リーズナブルなのは 手洗器付き便器です。

姫路トイレ.jpg

手洗器が一緒になってるので、トイレ内に別に手洗器をつけなくて済みます。

給排水管の工事もコストダウンになりますね。



こちらのお家は階段がトイレの横にあるプランなので

階段下部分を棚や収納に有効利用しました。


姫路トイレ2.jpg


2階にもトイレがあります。

姫路といれ2.jpg


地域によって2階にトイレを設ける場合
水圧が弱い場合タンクレストイレだと勢いよく流れません。


なのでタンク付きのトイレがお勧めです。



無料メールセミナー.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

キッチンに2階用床下収納


床下収納庫は大抵のお家で付いてますね。


60cm四角くらいの大きさが多いです。


床下収納庫があると物を床下に隠せて置けるので室内に置くよりも

スペースを取らずに邪魔にならないメリットがあります。


姫路市のI様邸のキッチンの近くに床下収納庫を設置した様子です。

壁付け型キッチン.jpg

床下収納庫ってスッポリ抜く事ができるので

キッチンなどの水回りに設置すると給排水の点検用としても使えます。


給排水・給湯の床下部分の配管メンテナンスを床下収納庫を抜く事で可能になりますね。



床下収納庫は1階用と2階用があり、2階の天井ふところが狭い場合浅形の床下収納が
あります。



床下収納なんていらないと思われる方も、ぜひ点検口として設置をお勧めします。



床下収納庫が無いお家は将来床下を確認しなければならなくなったとき
床を壊して入るしかありませんね。




しらなければ損をする家造りのノウハウを無料メルマガで毎週土曜日に配信しています。

無料メルマガ3.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

外構工事


姫路市のI様邸の化粧ブロック積み工事の様子です。

ブロック塀.jpg

ハウスメーカーって安いと思ったら本体価格だけで、外部給排水工事も
門や塀の外構工事も別になってます。


弊所には本体価格とかオプションとかアレンジ工事はありません。



お客様と打ち合わせの上外構工事も含めて総額の見積を提出しますので
ハウスメーカーの本体価格とは比較できません。


1000万円で家ができますか?

ってお電話がありますが、どこまで見積価格に含んだものか?

お伺いするとHMの基本本体価格だけが1000万円のパンフレットを出されたりしますね。

(住める状態にする費用の総額は2倍近く)




I様の敷地は二方向道路に面した角地で風通し・採光もいいです。


化粧ブロックは5段積み上がり1段が20cmなので1mの高さになりますね。

この上側にはフェンスをこれから取り付けます。



化粧ブロックの種類には色々ありますがリーズナブルでおしゃれな物を選定しています。

ブロック塀1.jpg


シンプルな縦ラインに色合いが単調でないので見る角度によって変化がありますね。



メールセミナー2.gif

ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

メンテナンス不要のベランダ


木造2階建て住宅の場合ベランダやバルコニーには1階部分の上に位置する物が多いですね。


1階の屋根になる部分をベランダにする場合、木造の構造で大工さんが作ります。


ベランダ床の防水はFRPや金属板防水です。


手すり壁の仕上げ、その上には金属笠木を取り付けたり手間や費用もかかりますね。

年月が経過すると防水機能も劣り、メンテナンスが必要になります。



メンテナンスや雨漏りの心配も無いのが総2階の住宅の屋外に付けるアルミ製のベランダです。

ベランダ.jpg


アルミ合金は錆びず屋外側に取り付けるので雨漏りの心配もありません。

防水の必要もありません。メンテナンス不要ですね。

増築時には簡単に取り外したり、移設する事もできます。




おしゃれなデザインやサイズも豊富で柔らかな光が室内に入る他
急に雨が降っても洗濯物を慌てて取り込まなくても済みます。



ベランダの取り付く下側は1階のテラスの屋根としても使えますね。


メンテナンスも容易でローコストなアルミベランダはいかがでしょう?


無料メルマガ3.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。


DIYで漆喰壁塗り

姫路市のI様は内部の漆喰壁を自分で塗られました。

漆喰塗.jpg

漆喰は、湿度を調整する効果や消臭効果もある自然素材で体に優しい素材です。


漆喰材料やコテ等の道具も自分で購入されました。


真っ白ではなくクリーム色の漆喰を選ばれています。



漆喰を塗られるのは初めてとの事で、最初体のあちこちが痛いってお話されていましたが

綺麗に塗られています。


漆喰壁.jpg


真っ平らに塗るよりもコテあとが残るような塗り方の方が塗りやすく味わいがあります。



ビニールクロスのような派手な色柄の部屋にはなりませんが、

しっとりと落ち着いた漆喰ならではの高級感がありますね。


漆喰塗りは塗りやすい壁面だけとする方が疲れません。



天井面は上向き作業になりポロポロと自分の顔や床に落ちてきたり、

足場も必要になり危険ですのでプロにお任せしたほうがいいです。


最初は腕や肩の力で塗ろうとしますがそうすると体が悲鳴をあげます。

柔らかいクリーム状の漆喰を選んで軽く厚めに塗るようにすれば負担が少なくなります。




お金を払えばなんでも物を買ったり、職人さんがしてくれますが

作る楽しみはお金では買えません


自分でできる事は自分ですると

作る楽しみ、出来上がったときの嬉しさ、愛着は何倍にもなります。



住宅メーカーではDIYは会社の利益が無いので嫌がられますが

弊所ではお客様にできる部分を自分でしてもらう、施主参加の家づくりや

施主支給品の取り付け等も積極的にお勧めしています。


建築家と一緒に家づくりを楽しみませんか?


無料メルマガ3.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。


内装下地パテ


内装下地材の石膏ボードのビスや継ぎ目部分のパテ処理をしている様子です。


パテ.jpg



仕上げのクロスや塗り壁の前に必要な作業工程です。



ビス頭やボードのジョイント部分にパテを塗りこみ、その後余分なパテを

削り落としてさらに平滑に仕上げます。



時間がかかりますが、仕上げが綺麗になります。



パテ処理が終わってから、いよいよ壁や天井の仕上げになります。


無料メルマガ3.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

土台下換気工法の家


床下って湿気がこもりやすい場所ですよね。


古いお家の床が腐って歩くとフニャフニャとしているのがよくありますね。


床下の湿気で床が腐ってる為です。



弊所では基礎は床下全面防湿シートの上に鉄筋コンクリートのベタ基礎

で設計していますので地面からの湿気は遮断する構造です。



ベタ基礎.jpg



さらに床下換気は全周換気できる土台下通気工法です。



耐水性・防虫・防腐性能の高い無垢のヒノキの土台の下に通気パッキンを全部施しています。


ヒノキはひのき風呂でも有名でいい香りもしますね。



土台と基礎コンクリートの間に黒く見える部分が通気層です。↓

桧の土台と柱.jpg


細かな通気穴なので鼠の侵入の心配もありません。


現在でも四角い床下換気口で施工されている会社がありますね ↓

床下換気口.jpg


基礎を切り欠いているのでひび割れが生じている他、
樹脂の換気口を鼠がかじって穴を開けて出入りしています。


所々しか換気口が無いので、床下の隅の方は湿気が淀みます。



それでは床が早く腐ってしまいますね。



土台下通気工法にすると基礎コンクリートと土台が接し無いので土台が湿気で腐りません。



全周換気で湿気がこもらないだけでなく基礎を切り欠かないので基礎強度が保てます。


土台下通気パッキンの強度は木材の3倍以上で高性能住宅の床下換気工法として認められています。



安かろう悪かろうの家は早く修理や建て替えが必要になりますが

長持ちする家は結果ライフサイクルコストがローコストになります。



メールセミナー2.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

外壁通気工法の家

外壁通気工法ってご存知ですか?

壁内部に空気が通る構造で壁内の湿気を排出して柱や土台・梁等の構造部材の他

断熱材が湿気無いので断熱効果も高まります。


構造用合板の面材耐力壁を張った後、透湿防水シートを施工しています。

面材耐力壁.jpg

防水シート.jpg



透湿防水シートは雨水の侵入を防ぎますが、呼吸する素材で下地合板や壁内が
万一湿気た場合には湿気を排出する素材です。


土台下部には防鼠付き通気水切とサイディングの通気金具を設置しています。



防鼠付き通気水切は頭が地面につきそうなくらい下から見ないとわかりませんが

基礎コンクリートの立ち上がりに仕上げのモルタルを左官屋さんが塗っても

土台下通気パッキンに空気が入る他、鼠の侵入を防ぐ細かな穴があります。



通気水切り.jpg


他社では単なる水切りしか設置されていない場合が多いです。



良い家かどうかは、裏から見たり、下から見ると一目瞭然ですね。




通気水切りの上側にあるのが外壁通気工法の通気金具です。

通気金具.jpg


通気金具が壁面よりも出っ張る事で

透湿防水シートを施した壁面と外壁サイディングの間に15mm の通気層ができます。


壁面の下からサイディングの裏側の通気層を空気が通り

壁面上部に設置している通気部材から空気が出入りする仕組みです。



壁面上部の通気部材 ↓
通気見切り.jpg


黒く見える部分が通気部材です。


この通気部材は建物の全周に設置しています。


壁の通気だけでなく、屋根面の垂木部分が通気層となり空気の流れができます。


外壁通気工法は断熱材の屋外側を空気が通る事で、

柱や構造材を湿気から守り耐久性がアップする他

壁内の断熱材に湿気がこもらないので断熱性能がアップします。



完成すれば同じように見える家でも耐久性や断熱性能は全く違いますね。



無料メルマガ3.gif


ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

魔法瓶のような屋根断熱の家


姫路市の木造注文住宅の断熱工事の様子です。

屋根断熱.jpg


通常、断熱材は天井のすぐ裏側に敷きこまれます。


写真は天井が水平でも、屋根面に断熱材を全て施工しています。


魔法瓶のような断熱設計です。


天井よりも上から見た写真です。 ↓

屋根断熱1.jpg


天井裏に断熱材を施した方が妻壁部分の断熱材が省略でき、

断熱材の数量も少なくて済むので一般的には天井裏に施工されますが

天井裏に夏熱い空気が一旦溜まると、夜になってもいつまでも暑いです。



冬は冷たい空気が天井裏に常時ありますね。


屋根断熱にする事で、魔法瓶のようにお家全体をすっぽりと覆う事で夏涼しく、冬暖かいお家になります。



結果、冷暖房費コストがローコストになりますね。



断熱材はどれでも良いわけでは無く、断熱性能の良い物を使用しなければ効果がありません。


今でも10K 50mm の断熱材を使っている建築会社がありますが
それでは断熱性能が悪いです。



断熱性能↓
屋根断熱2.jpg


次世代省エネ基準適合品の16K 100mm 厚製品です。

屋根断熱3.jpg



ダウンジャケットを何枚も着たような暖かさです。


断熱性能は、床・壁・屋根の断熱材の性能だけでなく、窓枠、窓ガラスの種類
通気の有無等トータルで計算して確かめる必要があります。



審査機関に省エネ適合申請書を提出して

住宅性能表示制度に基づく省エネ最高ランク等級4をクリアしている
省エネ適合証をもらっています。



夏涼しく冬暖かいお家をつくりませんか?



無料プランサービス1.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。




システムバス工事


兵庫県姫路市のローコストデザイナーズ住宅のシステムバスの工事の様子です。


システムバスは内装工事よりも先に据付工事をします。


浴槽等の大型の物が後からだと搬入が難しくなるからです。


システムバス工事.jpg



組立完了後は傷や汚れがつかないようにダンボール等で養生しています。




ハウスメーカーだと注文住宅と歌いながら、設備機器や内外装材も決まっていて

他の物を希望すると追加費用が高く請求されたり、できないって断られたりしますが

弊所では設備機器や内外装材も自由にどのメーカーの物でも選んで頂けます。



実際にメーカーのショールームにお客様に行って頂き、好みの物を選んで頂きました。



浴室は1616サイズ(1坪)以上の物を設計プラン段階でお勧めしています。


又、浴室内の暖房乾燥機等もお勧めしています。



内外装や設備機器を自分好みの物を選ぶ事って悩みますが、家づくりの楽しみですよね。



あらかじめ決められた規格の数種類の中からしか選べない家づくりって

注文住宅って言えるでしょうか?



メールセミナー2.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。


カーテンレールがしっかり取り付けられる家

内装下地に石膏ボードがよく使われますよね。

不燃材料でホルムアルデヒドの発生の心配も無い下地材です。


石膏ボードの壁にお引越し後に物を取り付ける事も想定して

石膏ボード用のビスもありますが、重量のかかる部分は下地にしっかり木材を石膏ボード張りの前に

入れておく事をお勧めします。



窓上には内装が終わってからカーテンレールを取り付ける事になるので下地の木材を入れました。


カーテン取り付け下地.jpg



アルミサッシ取り付けの為の45mm厚の木が入っていますが

さらにその上に木を大工さんに入れてもらいました。



お客様から言われた事ではないのですが

お引越し後、カーテンを取り付けられるときにしっかりビス止めできます。



私は

お客様の要望以外でもお客様の家を自分の家と同じように思って現場で指示しています。


完成すると見えなくなってしまい、お客様も気づかれないでしょうが私の仕事の流儀です




良い家が安くできる方法を毎週1回無料のメルマガでお届けしています。



無料メルマガ3.gif



ホームページはこちらから



スマホでご覧の方はPC版に切り替えてご覧下さい。

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます