こんな業者にご注意を ! - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


こんな住宅・リフォーム業者にご注意を !

1. 広告チラシの価格は安いが実際見積もりしてもらうと広告価格の約2倍


チラシ価格におおきな字で坪25万とか書いてあるのを信用して、現地のモデルハウスを見に行き、見積もりしてもらうと坪約50万。


以下私の事務所に建築会社で一度見積りしてもらって、その会社が不満で相談に来られた方のお話です。


その方が持たれていた見積りと図面をみせて頂きました。


そこには、 基本本体価格、坪数割増、下屋割増、屋根出隅割増、アレンジ工事価格、付帯工事価格、各種申請費用、その他申請費用、預り金、土地関係諸費用、消費税、そして総合計 と書かれてありました。


それから工事面積と床面積の2つが書かれています。


チラシの価格はその会社で言う基本本体価格を床面積でなく工事面積で割り算した坪単価なのです。


それでは基本本体価格とはどんな内容なのか、なぜ床面積の坪単価でなく、工事面積の坪単価なのか。



2.ある住宅会社の基本本体価格とは。

お客様が持たれている見積書には、 基本本体価格、坪数割増、下屋割増、屋根出隅割増、アレンジ工事価格、付帯工事価格、各種申請費用、その他申請費用、預り金、土地関係諸費用、消費税、そして総合計 と書かれてありました。

基本本体価格のほかにたくさんの項目があります。


その項目と内容を見てみると、基本本体価格だけでは、住宅を完成させ引き渡しする事ができない内容でした。


基本本体価格以外の項目すべてを行わないと実際に建物が完成しないのです。


下屋割増の項目は1階部分の屋根の事です。

基本は1階部分に屋根がつく建物ではないのです。


坪数割増の項目は建物の大きさにより、価格が高くなると言う事です。


屋根出隅割増の項目は基本は出隅が4箇所でそれより増えると価格が高くなると言う事です。


アレンジ工事価格の項目は基礎の左官仕上げ、ポーチの屋根、バルコニー、
ベランダの手すり、勝手口ドア、内部建具をドアから引き戸に変更、下駄箱、玄関の広さ、給湯器、オール電化、アルミサッシの面格子、雨戸、引き違いの窓を上げ下げ窓に変更、等。


とにかくベランダもなければオール電化もなし、雨戸もなし、下駄箱も無しなどなど、アレンジ工事の項目に出てくるものすべて追加費用となっています。



3.ある住宅会社の付帯工事とは。


お客様が持たれている見積書には、 基本本体価格、坪数割増、下屋割増、屋根出隅割増、アレンジ工事価格、付帯工事価格、各種申請費用、その他申請費用、預り金、土地関係諸費用、消費税、そして総合計 と書かれてありました。


前回アレンジ工事の項目についてお話しましたが、今回は付帯工事価格その他について。


付帯工事の項目には仮設の電気、水道、トイレ、残材処理費、
電気の外線引き込み、屋外給排水、下水接続申請費、上水道申請費、雨水排水、地盤調査費、現場管理費、検査立会い費、確認申請費、等が追加金額として計上されています。


地盤調査費が書かれていますが、地盤の補強費は計上されていないので、まだこれよりも追加の費用がでてきそうです。


すべて見積りは1式いくらという書き方で細かな数量や材料明細はありません。


アルミサッシに面格子や雨戸を追加した分についても、基本価格と追加価格の明細が全くなく、それぞれの項目の1式の価格はものすごく高くなっています。



基本本体価格の金額だけ安くする為に、本来必要なものまで入れずに、どうしても必要な工事なのに、他の工事項目に計上して、その価格は普通よりも高くなっています。




図面は平面図兼配置図と立面図しかありません。



屋根材、外壁材、内装材も一番安いもののようです。



家づくりに大切な構造上の部分は全くわからない状況です。



4. 年中やってるキャンペーンとしつこい営業

私の事務所に相談されたお客様はそのチラシ価格にだまされて契約を今度はせまられていました。


しつこい営業で何度も朝昼晩と訪問してくるそうです。


そして今だけキャンペーン中なのでサービスさせていただきます、ってせまるそうです。


キャンペーン中とか、何周年記念、地域限定モニター、今だけプレゼントにお客様は心が動かされやすいんですが、そんな会社ほど年中キャンペーン中とかやっています。


もうはっきりと断るべきです。


それに、私にご相談されたお客様は、内装やキッチンにもこだわりを持たれている方で、

床は天然木のフローリング、壁は珪藻土の左官仕上げ、キッチンはオーダーでカウンターはタイル張りに、屋根はスレートでなく洋瓦で、

外壁は無地の安っぽいサイディングでなく、左官の塗り壁にと、希望されている方です。


安い価格のチラシでお客様を引っ掛ける業者さんに要望を出せば、ものすごく高い価格になる事が目に見えていました。


すでに、一番安い材料ばかり使っても色々な追加項目で高くなっているのですから。


次は坪単価が安くなる計算の仕方にだまされないで、をお話します。




5.施工面積又は工事面積で坪単価を表示している業者


建築基準法には床面積の定義はありますが、施工面積や工事面積という定義はありません。


業者の言う施工面積や工事面積は屋外のポーチなども含めた面積のようです。


当然床面積よりも多くなります。



工事費を多い面積で割り算すると坪単価は安くなります。



施工面積や工事面積の計算の仕方に決まりもありませんし法律上もありません。



そんないいかげんな面積で坪単価を計算しても意味がありません。



安い坪単価にご注意を!




6.社員の大工さんが自社にいない業者、下請け業者に丸投げしている業者


株式会社○○とか名前は信用できそうですが、大工さんが自社に正社員としていない業者があります。


住宅の注文がある都度に他から大工さんを探してきて、工事する住宅一棟の大工手間を値切って仕事をさせるやり方です。


当然大工さんは早く作業しないと儲けがなくなるので、丁寧な仕事は望めません。


又大手の会社で、住宅一棟の工事すべてを下請けの工務店に丸投げしているところもあります。


元請けは工事に携わる事無く、しっかり利益を確保しています。



下請け業者は安い値段で受けているので、これも大工さんと同じで、親切丁寧な仕事は望めません。



下請けに外注して利益があるのですから、価格は高くなります。



それなら下請けの工務店に直接頼んで、少し高くても親切丁寧な仕事をしてもらった方がいいと思います。



タグキーワード
Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます