岡山県美作市 リフォーム・リノベーション - 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山

理想の家づくり建築設計・監理
建築事例の一部4.jpg

建築事例の一部3.jpg

プラスアルファの発想でワンランク上の家づくり

新庄一級綜合建築設計

住まい給付金窓口.jpg

お問い合わせはこちらから


●お電話でのご相談は担当者直通電話(担当・新庄)090-3992-3364 
受付/9:00~19:00


建築事例の一部2.jpg

建築事例の一部.jpg


甦った古民家


甦った古民家.jpg

構想からちょうど1年古民家の再生が完成しました。

私が既存の天井や壁を撤去して古い梁や壁を見せる建物にすると提案した時

にお施主様からせっかく一度リフオームして天井や壁を新建材で張って

いるのにそれを昔にもどすのか、冬寒いし、暗いし、そんなことやめてく

れ、と反対されたものです。



しかし私は日本古来の伝統工法で大工さんが梁を汗をかきながらひとつ

ひとつ手作業でけずった跡のある梁を真っ暗な天井裏で蜘蛛の巣とホコリ

にまみれながらぼんやりと見たときにこの建物をよみがえらせてやりたく

思いました。



又高齢のご夫婦にとってこの建物は人生を共にした思い出がきざまれた、

大切な建物でもあると思いました。



設計は既存の天井や壁をはがさないとわからない部分が大半で、又梁の高さ

が低く、バリアフリーの実現が不可能かと、試行錯誤しましたが、施工段階

でその都度対処検討して完成を向かえることが出来ました。



大工さんや左官屋さんなどの職人さんのおかげをもちまして古民家は今ふたたび輝きはじめました。



一部ご近所の方に完成した建物を見ていただきましたが皆さん自分の家の

ように、これはいいわ、古い梁が見えているのが特別いいわ、ホールの棚が

ええわぁ、きれいやなぁ、薪ストーブがあったかくていいわ、以前と

ぜんぜんちがうなぁ、玄関のスロープがとしよりに使い勝手がいいわ

などと言っていただきうれしく思いました。



しずかに一人この建物の中にいると長い年月を生きてきたこの家から甦った

鼓動がきこえてくるのを感じました。



-

古民家のリフォーム リビング

古民家リビング.jpg

古民家のリフォーム リビングの完成の写真です。

台所とこちらの部屋仕切りなしで一つになっています。

こちらは畳のある床で窓には内障子をいれて和風の雰囲気になっています。


天井が高くなったので暖かい空気が上に溜まらないようにファンのついた照明器具を使用しています。

-

薪ストーブ

ストーブ.jpg


古民家のリフォームのLDKの薪ストーブです。


冬雪の積もるところなので、暖房方法を考えてみました。

このお家には薪があるとお聴きしましたので薪ストーブを計画しました。


薪の暖房って電気や灯油代もかからずいいですね。


ストーブのガラスごしに見える暖かな火が癒してくれ、やんわりとした暖かさが室内全体に行き渡ります。


-

古民家のリフォーム玄関ホール



玄関ホール.jpg


リフォームした古民家の玄関ホールです。


以前は1.8m程しかなかった天井を撤去して高くしました。


既存の梁をアクセントにして左官仕上のジュラク壁としてます。


玄関のあがり框は既存の古材を製材し直して、再利用しています。


桜の框がきれいです。

古材は表面が傷ついたり黒くなっていますが中身は一までも新品同様なのです。

-


古民家のリフォーム LDK


ldk2.jpg


古民家のリフォーム後のLDKの様子です。


昔囲炉裏があったそうでそのため梁が黒くなっていますが黒い梁と白い左官

仕上の壁のコントラストが引き締まった感じになりました。


リフォーム前は梁の下に新建材で天井が張ってありましたが撤去して梁の上に新たに天井を左官仕上でしました。


天井面も白くなった事で明るい部屋にしあがりました。


きっとこの梁も喜んでいてくれることでしょう


-


古民家のリフォーム DK


古民家のdk.jpg


古民家のリフォーム DK です。

以前は土間の台所でしたが、バリアフリーで古材の梁を生かしたダイニングキッチンにリフォームしました。

以前は新建材のベニアなどで梁が覆い隠されていました。


今回のリフォームは既存の梁を生かして梁の上に天井を張っています。


仕上材はジュラク壁の左官仕上です。


この梁昔囲炉裏があったそうで黒くなっています。


黒くなった梁と白い壁のコントラストが引き締まった感じになりました。


-




古民家のリフォーム 物置を寝室に

古民家の寝室.jpg


古民家のリフォーム 物置を寝室にリフォームしました。


この部屋は南に面していて明るく、太陽の光で冬でも暖かいので寝室に改造しました。


お年よりの部屋は明るく、日差しのある部屋がいいですね。


収納が全く無かったので新たにクローゼットも確保しました。


クローゼットの上側に古材の梁が見えていますが以前は天井がこの梁の下にありました。


天井の高さを高くするために新たに梁を架け替えています。


又梁の厚みがあるので壁を張るのに梁を隠そうとするとその分部屋がせまくなるので、あえて古材の梁を見せています。


床はフローリングだと冬冷たいのでタイルカーペットにしました。

タイルカーペットは50センチ角のものですので汚れたり傷ついても、その部分のみ洗ったり交換ができるメリットもあります。


-

古民家のリフォーム 洗面脱衣室



古民家 洗面.jpg


洗面ユニット等の取り付けができたところの様子です。


以前は脱衣しかできませんでしたが、スペースを広げて洗面と洗濯ができるようになりました。


洗濯にもお湯が使えるようにしています。


洗濯機は防水パンの上に置けるようにしていますので水が床に直接かかる事無く、床の腐りを防ぎ、又トラップがついているので排水の臭いも防げます。


洗濯機はお風呂の残り湯も使えるようお風呂場に接した位置に配置しています。


-

古民家のリフォーム トイレ



トイレのリフォーム.jpg



以前はこのお家のトイレや洗面、洗濯等は台所や寝室のある所でなく別棟にありました。


トイレに行くのに遠く、床の段差もあり、特に冬は寒く大変だったそうです。


このたびのリフォームではそんな苦労もなくすごしていただけるように

バリアフリーで寝室やリビングのすぐ近くにトイレ、洗面脱衣室、洗濯場を設けています。


又トイレやローカ、玄関、勝手口、浴室などに手摺を取り付けて高齢のご夫婦が生活しやすいお家に改造しました。

じゅらく壁の左官仕上


ジュラク壁.jpg

古民家のリフォームの玄関ホールの左官仕上げ塗り の様子です。

左官屋さんが最後の壁仕上げ塗りをしています。

仕上げ材は、じゅらく壁で豊臣秀吉が1587年に京都上京区に造営した聚楽第跡地一帯の地下から得られる茶褐色の土を主成分にした壁の仕上げで、その侘びた風合いが数奇屋建築の壁の最上級品として、後世に広まったといわれています。


土壁の下地塗りの乾燥に期間がかかり、建築主様にご迷惑をかけることになりますので、扇風機と、投光機を現場に設置して下地の乾燥を早めての上塗り作業となりました。


機械のない時代に大工さんが手仕事で建てられた古民家がようやく再生し今、ふたたび、輝こうとしています。


-

システムキッチン の取り付けができました

システムキッチン2.jpg


古民家りリフォームのシステムキッチン の取り付けができた様子です。



キッチン廻りの壁はホーローのパネルですがこのパネルを曲がった梁の形状に

合わせて加工して取り付ける為少しづつカットして又あてがっての繰り返しできちんと隙間無く工事して頂きました。


大変手間がかかりましたがさすがプロですね。



-

システムキッチンの取り付け

システムキッチン取り付け.jpg


古民家のリフォームのシステムキッチンを取り付けしている様子です。


以前は土間の台所でタイル張りの流しでしたので、冬の寒い時の台所仕事は主婦にとって大変な苦労があったことでしょう。


そんな苦労もL型の清潔感のある白いシステムキッチンがきっと忘れさせてくれる事でしょう。


-

古民家のリフォーム左官下塗り


古民家左官下塗り.jpg


壁、天井の左官下塗りをしている様子です。


このお家はもともと土壁で造られていました。

現在では職人不足と、木舞下地、荒壁、裏返し、中塗り、上塗りと手間のか

かる作業と、それぞれの工程で乾燥期間もかかる為、ほとんど見られなくな

りました。


しかし、このお家は荒壁が施工されていましたので、それを壊さず生かす事

がこの家もよろこび、又それを望んでいるように私は調査段階で真っ暗な天

井裏でぼんやりと梁と土壁を見たときに感じました。


-

ポーチのタイル張り


古民家のポーチのタイル張り.jpg

古民家のリフォームの様子です。

ポーチの土間のタイルを張りました。


このお家は冬積雪のある所なのでタイルの表面が滑りにくいものを採用しています。


又高齢のご夫婦の為にできるだけ段差を少なくする為にポーチ部分は2段にしています。

ポーチより左手にスロープもつけました。


写真ではスロープは見えませんが、車椅子でも対応できるようにしています。


一番手前の土間のタイルは既存のタイルです。


既存部分のタイルを壊さないようお願いして工事してもらいました。


ポーチ部分は毎日の生活に使いやすいよう、又高齢者にも使いやすい工夫をしておく事が大切ですね。



-

タグキーワード

物置を寝室にリフォーム

寝室にリフォーム.jpg

古民家のリフォームの様子です。

物置だった部屋をおとしよりの寝室に改造しています。


以前は収納がありませんでしたが、新たに収納やタンス置き場スペース


も広げて、使い勝手のよい部屋に改造しています。



一部既存の梁が見えていますが、以前はこの梁の下に天井がありました。

この梁は太い梁ですので壁を張って隠そうとすると、その分部屋がせまく

なるのでアクセントとして見せる形にしました。


-

古民家のリフォーム 玄関ポーチ



古民家玄関ポーチ.jpg


古民家のリフォーム玄関ポーチの様子です。


玄関の壁にヒノキの板を張りました、腰壁は既存のタイル張りを

生かしました。


板張りにする事で電気のメーターや郵便受け等の取り付けが


すっきりおさまり、DIYで小物などの取り付けも簡単にできます。


玄関床のタイル張りの工事にかかっている様子です。



-

古民家のリフォーム 薪ストーブを計画


薪ストーブ.jpg

古民家のリフォームのLDK の工事途中の様子です。

冬寒いところの広い部屋の暖房方法を色々考えましたが、

このお家は薪があるとお聞きしましたので、薪ストーブを計画しました。

LDKに薪ストーブを置く場所を作りレンガタイルを張った様子です。

石油や電気、ガスなどを使わす゛に暖房できるっていいと思われませんか?

いやなにおいも無く、暖房費は無料でしかも部屋全体が暖かくすごせます。

-

古民家のリフォーム 玄関ホールの壁

古民家の玄関ホール現況壁.jpg

古民家のリフォームの玄関ホール 現況の壁の様子です。

このお家は最近はあまり見られなくなりました土壁が施工されていました。

この土壁を壊さずに今回生かしてリフォームしました。

写真の正面の開口部の上に梁を切断した物が2つありますが、前はこの部分に天井がありました。

切断した梁を30センチ程残してその部分を棚に利用するようにしました。


土壁は貫が見えた状態ですので、下地作りを必要とします。

写真は左官屋さんが下地塗りの作業に入る前の様子です。


-

古民家のリフォーム 玄関天井下地

古民家玄関天井下地.jpg



古民家のリフフォーム玄関ホールの天井下地の様子です。

以前の天井高さは1.8mくらいで低い天井でしたが改造後は高くして空間に

ひろがりを持たせ、又長年この家を支えてきた梁が見えることで重厚さと

落ち着きのある空間に変わってきています。

タグキーワード

古民家のリフォーム 一部建替え部分

建替え部分.jpg

古民家のリフォームの 建替え部 の様子です。

外壁にサイディングを張りました。


素材は耐食性の高いガルバニュウム鋼板で窯業サイディングよりも重量は1/6

と軽く構造体にかかる負担が少なく、断熱性能は窯業サイディングの5倍、

モルタル壁の43倍の断熱性能(メーカーデーター)があります。


古民家の再生だからと言って自然素材ばかりに、がんこにこだわらず性能や

メンテナンス、コスト面も考えた家づくりをしています。


-

Copyright © 建築家と建てる理想の家,兵庫,岡山 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます